2012年02月28日

キミのココロに響く窓

livarp.png

Linux使用者の多くは、マイノリティを自称する。
そしてその中のさらにマニアックな人たちは、マイノリティの中のマイノリティに数えられる。

本日紹介するのはlivarp。
Debianをベースに構築された、あまり知られていない各種のウィンドウマネージャを体験できるディストリビューションである。
続きを読む
posted by tkr at 00:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | Linux

2012年02月23日

さくっとリカバリー

logo-nouva-petit.png

クラウド上にデータを保存するというスタイルが定着するに連れ、個人レベルでの意識的なバックアップの重要性は薄れているように思う。

失われてはいけないデータ類であればクラウド上に保存して、システムを復帰させた後に同期すればいいだけだし、ダウンロードによる入手が主流となったソフトウェアも、この流れを後押ししているように思う。

これとは反対に、フリーソフトウェアの立場から現状を眺めると、ある会社のクローズドなクラウドシステム上にデータを預けることへの不安感/不信感があるのも事実だろう。
だがしかし、個人レベルのサーバクラスタとして構築されたクラウドにデータを預けるというのは、ある会社に預ける以上の不安がある。

となれば、やはり従来通りのバックアップが必要になってくる。
また、先に挙げたクラウドを運営する側には、これまで以上にしっかりとしたバックアップが求められてくるのは間違いない。

本日紹介するのは Nouva Linux。
パーティション単位でのイメージバックアップを提供するPartcloneのフロントエンドとして動いてくれるLinuxディストリビューションである。
続きを読む
posted by tkr at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

2012年02月11日

Cent focus.

Stella_logo.png

「Linuxを勉強したいのだけれど」という人が居ると、一昔前はすぐさまRedHatを薦めていたように思う。

しかし、最近ではUbuntuの台頭と共に、Ubuntuをすすめる機会も多くなってきた。
それを分けるのは、業務で使うのか、趣味なのかであろう。

業務で使うならRedHat系を、趣味なら手軽なUbuntuをといった具合である。

RedHatがFedoraに移ってからは、RedHat系の学習としてCentOSが先頭に立ってきた。
そのCentOSは、最近動きが滞り気味で、代替えなどと称してScientificの名前が上がるようになってきた。

けれどもどうだろう、CentOSをデスクトップ用途で活用したいと考えている人も大勢いるはずだ。
そういう人にとって、Scientificは大きすぎるし、CentOS同様、目的のソフトウェアがバンドルされていないという不満もあるだろう。
本日紹介するのはStella。
CentOSをベースにデスクトップしすてむとして使うためのサポートを充実させたLinuxディストリビューションである。
続きを読む
posted by tkr at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

2012年02月04日

名前もかえて心機一転。

tails.png

名前を変えるというのは、あまり日本人には馴染みがないかもしれない。

しかし、中国・台湾では比較的当たり前に行われているようだ。

先日も仕事先のエンジニアが名前を変えたという。
なんでも、画数が悪いと占いで指摘されたからだそうだ。

Linuxディストリビューションでも名称変更は頻繁に行われている。
中にはforkもあるものの、いずれにせよ、名称が変わることにはディストリビューションそれぞれの意味があるのだ。

本日のDistrosDeep、紹介するのはTails。
以前はIncognit Live Systemと称していた、ネットサーフィンに活躍するLinuxディストリビューションである。
続きを読む
posted by tkr at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | DistrosDeep

2012年01月20日

Secure Mobile.

JayOS.gif

WiMAXにしたせいか、出張でPCを持ち歩いているせいか
気づいた時にDistroFreakを更新できる環境が手に入った。

ずーっとネットにつながっていないと不安だという質ではないが
どこでもネットワークが利用できる事がこれほど便利だとは思ってもみなかった。

これは確かに、携帯電話でパケホーダイなるプランが売れたり
スマホを使う人が増えるわけである。

私の場合は携帯電話をほとんど使わないので
今回パソコンを持ち歩いてWiMAXでネットにつないで・・・という使い方をしだして
初めてその便利さに触れているわけだが、反面怖さもある。

持ち歩くという事は、常に重要情報と共に行動することにほかならない。

本日紹介するのはJayOS。
RAM上に暗号化されたファイルシステムを構築して、その中で閉じたセキュアな環境を提供してくれる
Linux From Scratchベースのディストリビューションである。
続きを読む
posted by tkr at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

2012年01月19日

キュートなアイツ。

Ubuntu Razor-qt Remix

PCを買い換えようと検討している。
今はAcerのAOHAPPYを使っているのだが、おそらく接触の問題で無線LANデバイスの認識が悪く
つながらなかったり、電波を拾えなかったりすることが多々あるからだ。

目をつけているのはHPのネットブックなのだが
結局、Linuxでどれだけハードを使えるのかを調べている所で、そこから先に進んでいない。
(考えてみれば購入して1年程度なので、PCの寿命としては短いようにも感じているが・・・)

こうして新しいPCを検討していると、ディストリビューションの方も新しくしようと思えてくるから不思議だ。
私はKDEが好きなので、KDEをデフォルトか、それに近い形で使えるディストリビューションをチョイスすることが多い。

ただ、最近はPCのスペックが追いつかなくなっていることもあって、XFceに避難しているのが心残りであった。

本日紹介するのはUbuntu Razor-qt Remix。
KDEにも使われているGUIライブラリ、Qtを使った、軽量なウィンドウマネージャデスクトップ環境を統合したKubuntuベースのディストリビューションである。
続きを読む
posted by tkr at 00:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | Linux

2012年01月16日

INSTALlの3STEP

Bachata Linux

明日のことを心配しながら胃を痛めて、山のようなメールに踊らされながら日々を過ごしていると
世の中には余計なものが多すぎるような気がしてならなくなる。

今日のことは今日一日が悩むだけで、明日のことを夜寝るとき悩まなくても
笑顔で生きていけるような、そんな世の中にならないものだろうか。

すでに過去の人物になりつつあるスティーブ・ジョブスは、その答えをSimpleいや、ZENという語に求めたという。

本日紹介するのはBachata Linux。
シンプルを超越し、禅の境地に達しようとしている、DebianベースのLinuxディストリビューションである。
続きを読む
posted by tkr at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。